MENU

ACF 美術品時価査定

お客さまの事例

個人のお客さま

個人 1
生前の美術品の相続対策をしたい
終活の一環として、保有している美術品の相続対策を検討したいと思っています。どのような対策を講じる必要があるのでしょうか。
時価査定プラン+売却仲介・助言プランを依頼
 相続税がかかる財産は、金銭に見積もることができる経済的価値のあるものすべてとされており、換金性のある美術品は課税対象になります。しかし、数百万円もするような高額なものでなければ、家庭用財産とみなされ書画骨とう品としてみなされません。つまり、まずはその美術品が換金性を持つかどうか、その換金価格が幾らぐらいなのか(=時価)を調査する必要があります。

 もちろん、所有者の中には美術品を購入した時の購入価格を記録している場合もあります。しかし、一般に、購入価格よりも時価の方が安い場合が多いようです。また税務署の方では、美術品(書画骨とう品)の時価の算出にあたっては、精通者意見価格等を斟酌する事としております。つまり、専門業者による時価査定が必要になるわけです。

 ご自身の美術品の相続対策を検討されるためには、まずは時価査定調査をすることが大切です。美術品の時価が判明し、それを相続対策に活用することも可能ですし、事前に売却を検討することも有効です。
個人 2
美術品の相続税対応をしたい
親が亡くなり、相続財産の中に美術品が含まれていました。どのような処理をする必要があるのでしょうか。
美術資産調査プラン+時価査定プランを依頼
1.美術資産の内容調査
 美術資産調査プランでは、作家名や作品名などが不明な美術品や、印刷物か本物かわからない作品について、出張にて作品の現物調査を行い、詳細な美術資産台帳を作成いたします。

2.相続用美術資産の時価調査(美術資産の時価が把握できます)
 時価査定プランでは、美術資産リストから、1万円以上の時価がある作品を当社で選別(無料)します。選別した1万円以上の時価があると思われる作品だけの時価査定をご提案させていただきます。そのため無駄な査定料が発生しません。その上で、簡易査定プランにより選別した美術品の時価額を提示します。それらをリスト化し、精通者意見価格としての相続財産(書画骨とう品)リストを作成します。

法人・個人事業主のお客さま

法人 1
法人の所有する美術品の資産状況(時価)を調査したい
会社の資産台帳に載る美術品には、購入時の取得価格や、保険をかける際に購入先の画廊に査定してもらった保険価格が記載されているだけです。減損会計もあり、美術品も有形固定資産として、実際の資産状況を把握しておきたいと考えています。
時価査定プラン(簡易時価査定プラン または 詳細時価査定プラン)を依頼
 時価査定プランでは、ご依頼の作品リストから、1万円以上の時価がある作品を当社で選別(無料)します。選別した1万円以上の時価があると思われる作品だけの時価査定をご提案させていただきます。そのため無駄な査定料が発生しません。

 簡易査定プランでは、直近5年間の類似作品の取引事例から分析して算出した美術品の時価額だけが提示されます。1千万円以上の高額な作品に対しては、詳細な査定根拠がレポート形式で示された、詳細査定プランをご利用になることで、より精度の高い時価を把握することができます。(一部上場企業の財務資料にも利用されています)
法人 2
法人の所有する美術品を調査・整理したい
会社の倉庫には、オーナーや歴代の役員が購入した美術品や、他社から贈答された美術工芸品がたくさん保管されています。中には作家名が不明な美術品もあります。それらの美術品を調査して、本当に価値のある美術品だけを残し、効率良く保管したいと考えています。
美術資産調査プラン+時価査定プランを依頼
1.美術資産の内容の調査(価値のある美術資産とそうではないものを選別できます)
 美術資産調査プランでは、作家名や作品名などが不明な美術品や、印刷物か本物かわからない作品について、出張にて作品の現物調査を行い、詳細な美術資産台帳を作成いたします。

2.美術資産の時価の調査(美術資産の時価が把握できます)
 時価査定プランでは、美術資産台帳から、1万円以上の時価がある作品を当社で選別(無料)します。選別した1万円以上の時価があると思われる作品だけの時価査定をご提案させていただきます。そのため無駄な査定料が発生しません。
 簡易時価査定プランでは、直近5年間の類似作品の取引事例から分析して算出した美術品の時価額だけが提示されます。1千万円以上の高額な作品に対しては、詳細な査定根拠がレポート形式で示された、詳細査定プランをご利用になることで、より精度の高い時価を把握することができます。(一部上場企業の財務資料にも利用されています)
法人 3
法人の所有する美術品を有効活用したい
会社には、応接室や役員室に美術品が展示されています。また、倉庫には、オーナーや歴代の役員が購入した美術品や、他社から贈答された美術工芸品がたくさん保管されています。こうした美術品を、もっと有効に活用することはできないかと考えています。
美術品展示プランを依頼
 展示を予定する事業所の用途、部屋の用途に応じ、当社がこれまで美術館での企画展示で培ってきた専門スキルにより、ミュージアムライクで効果的な展示プランをご提案します。(企業、ホテル、空港、病院、介護施設、などでの展示実績あり)

共通

共通 1
法人・個人〔所有する美術品の売買で、売買価格のセカンドオピニオンを受けたい〕
画廊から紹介された美術品を購入したいと考えています。しかし、先方から提示された販売価格が、実際の時価に照らして妥当なものなのか、検討してから購入したいと考えています。また、不要な美術品を売却したいと考えています。同じように画廊から示された買取金額が、妥当なものなのか検討したいと考えています。
時価査定プラン(簡易時価査定プラン または 詳細時価査定プラン)を依頼
 購入・売却の際のセカンドオピニオンとして当社の時価査定プランをご利用ください。簡易時価査定プランでは、直近5年間の類似作品の取引事例から分析して算出した美術品の時価額だけが提示されます。1千万円以上の高額な作品に対しては、詳細な査定根拠がレポート形式で示された、詳細時価査定プランをご利用になることで、より精度の高い時価を把握することができます。(一部上場企業の財務資料にも利用されています)
共通 2
法人・事業所得のある個人〔税制を活かして有利に美術品を保有したい〕
これから事業所で展示する美術品を、税制面などで有利に購入・保有したいと考えています。
新美術品投資プラン+展示プランを依頼
 税制の改訂により、取得価額が100万円未満の美術品は、減価償却資産として登録することができるようになりました。新美術品投資プランを利用いただくことで、100万円未満で購入可能な美術品をご紹介します。新美術品投資プランでは、作品の過去5年間の時価額の推移を投資パフォーマンスとしてお知らせしますので、より安心した美術品のご購入が可能になります。

 また、展示プランを併用することで、美術品の展示を考える事業所での展示効果に最も適した作品のご紹介、ご購入後の展示プランを提案します。
共通 3
法人・個人〔所有する美術品を売却したい〕
保有する美術品を売却したいと考えています。どこで幾らぐらいで売却したらよいのか助言して欲しい。
売却仲介・助言プランを依頼
 当社の売却仲介・助言プランでは、保有する美術資産の売却のご相談に対し、適正な時価情報をお伝えし、適切な販売チャネル、売却方法についての助言を行っております。保有する美術品の内容により、販売チャネル側には得手不得手があるからです。売却に際しては、売却を代行する売却仲介プランも承っておりますので、オールインワンでの業務依頼が可能です。
ACF 美術品時価査定