MENU

ACF 美術品時価査定

美術品時価査定
ACF
まずは正しい時価を知ることから

美術品にはデータに基づき算出された
「時価」があるのをご存知ですか?

日本で初めての美術品の時価指数を配信する私たちが、買取・販売業者ではない弊社だからこそ可能な、顧客本位で公正中立な美術品の時価査定を提供いたします。
美術品の時価は、主として美術品オークション市場で形成される美術品の換金価格のことです。
その膨大なデータを分析し算出したのがACF美術品時価指標です。ACF美術品時価指標を参照することで、美術品のおおよその換金価格を知ることができます。

もし、あなたが美術品の時価を知らなかったら・・・
大幅に安い価格での売却や、大幅に高い価格での購入につながるリスクが生じます。

「買取価格」と「時価」は違います。買取価格とは買取専門店や買取と販売を両方行う店が、美術品を買取りする際につける値段であり、持ち込むお店によって異なります。また、それらの店の買取リスクによって時価よりも安く査定される場合があります。
「時価」は主に美術品オークションでの取引結果によって形成されています。つまり、「時価」とは現時点でのオークション市場での換金価格に相当するものです。この実際の換金価格を把握していくことで、売買時のリスクを軽減することができます。

ACF美術品時価指標は日経平均株価を算出公表している*株式会社QUICKが発信する「QUICK Money World」に毎月配信されています。

*日本の証券・金融市場を支える情報インフラを担い、公正・中立な立場から、付加価値の高いグローバルなマーケット情報を配信する日本経済新聞社グループ企業。

ACF美術品時価査定の強み

当社は、顧客目線で、顧客の利益のための多面的な助言サービスを提供する、日本で唯一のアートコンサルティング会社として知られています。

  • 科学的分析
    販売チャネルではない、公正中立なアートコンサルティング会社が出す、客観的・科学的な美術品の時価査定。
    当社の時価査定は、国内外のオークションでの膨大な落札データを当社が蓄積したスキルにより分析し、科学的、客観的に算出されたものです。
  • 信用
    美術品の時価情報を表示した、日本で初めての美術品指標(ACF美術品時価指数)を配信しています。
    当社の時価指標は、日経グループの金融情報サービス配信会社のQUICK社の金融情報サイト〔QUICK Money World〕の〔アート市場〕に毎月配信しています。
  • 実績
    公正な時価指標をもとに、個人だけでなく美術館、一部上場企業などの美術資産の時価査定業務を行っております。
    客観的で公正な当社の時価算出は、企業の財務、税務、個人の相続、売買時のセカンドオピニオンとして広く利用されております。
  • 活用
    公正な時価指標による信頼と安心により、以下の業務を顧客目線で提供しております。
    時価査定(相続査定含む)、美術資産調査、美術資産管理、美術資産運用、売買の助言・仲介など。
    その他、美術展示、企画、輸送、額装、修復、処分など美術に関する様々なニーズに対しての助言サービスを提供しています。
    まずはお問い合わせください。
  • 安心
    美術品の売却を求めない査定専門会社なので、安心して時価査定業務を依頼できます。
    オークションや画廊、買取業者による無料査定では、原則として作品を売却することが前提になっています。当社の査定は、査定自体が専門業務なので、売却を前提としない場合でも、安心して業務を依頼することができます。
ACF 美術品時価査定